本文へスキップ

アジアアロワナ・熱帯魚専門店・アクリル水槽・器具の販売

マレーシア・フォーエバーアロワナ 2015年1月


2015年1月 マレーシア(ブキメラ)へ、新規取引先ファームに視察に行ってきました。

そのファーム名は、「FOREVER Arowana Aquaculture」です。(フォーエバーアロワナ)


まずは定番の看板前の写真と、スタッフさんと記念撮影


ブキメラのファームは縦長なのが特徴で、両サイドの塀の横は隣のファームになります。
黒色のタンクが、ブキメラ湖の水を貯蔵しています。
写真では大きさが伝わりにくいですが、高さは2m以上あるタンクです。


フォーエバーアロワナのストックルーム

入口付近にブルーとブラックの、アロワナ展示水槽が見やすく並べてあります。


奥には、白タンクで過背金龍のベビーが大量にストックさせています。
ここでも写真奥に見える貯水タンクがあり、水質管理が徹底されてます。


半年前に新設されたNEWストックルームで、銭湯みたいなタイル張りの造りになってます。



通訳を交えて意見交換し、日本が好むアロワナの特徴を細かく伝えてきました。
日本では単独飼育が主流・住宅事情での飼育環境などを理解してもらい、
量より質に追求している事を理解して頂けました。(通訳がいて良かったです…)



過背金龍の選別作業
上見で、鱗の上がりが良く・光沢が良いのを選別します。
選別の基準は、真っ白なボディより金色(黄色)が強い個体を選びます。


上見で選別した個体を、水槽にいれて鱗の上がり・欠点などを細かくチェックします


これは高背金龍の選別後の写真 左側がOK個体で、右側がNG個体になります
この作業を数回繰り返し、予定数をセレクトしてます

紅龍(フォーエバーレッド・チリレッド)の選別
(フォーエバーでは、上位グレードのフォーエバーレッドとチリレッドに分けられています。)

レッドは、外のブルーのタンクでストックされています。
太陽光が当たり、アジアアロワナには最高の環境です。
画像個体はチリレッドアロワナで、サイテスの関係でハイグレードのみにしたので今回はパス


フォーエバーレッドAAA個体の、ミドルサイズのタンクです
4〜5メートルぐらいあるので、見やすいように寄せてもらいました


鰭が赤くて良いのですが、レッドを上見で選別しろ
もちろん無理です…


外の炎天下の中、汗だくになりながらセレクト中
しかも池の水で濁っており、視界が10cmほど…






室内の水槽に移して、細かくチェック
さっきの環境に比べれば、なんと楽な作業に思えてきます


選別した個体を、1匹づつマイクロチップの打ち込みをしています
これで、すべての選別作業が終了です。

【記念撮影】

WK Ng(kin)さん(General Manager)と



K.C.Low(Kit)さん(Managing Director)と



池の画像が最近無いとチクチク言われてたので、久しぶりに抱っこしてきました…

アジアアロワナの販売 フォーエバー 過背金龍(アクアリーダー) 紅龍(ディナミカカプアス) メタルレッド イーロンアクアリウム

株式会社トロピカルフィッシュ佐野

〒530-0016 大阪市北区中崎3-1-1
TEL.06-6371-3422
FAX.06-6375-3797
tropicalfishsano@ybb.ne.jp

営業時間
平日   11:00〜20:00
日・祝日 10:00〜19:00
定休日 毎週水曜日